中嶋製作所について

社長ごあいさつ

万年筆のペン先加工を行うために、ひたすらにロクロを回す。それが昭和33年創業当時の中嶋製作所の姿でした。
それから半世紀以上、顧客のご要望に真摯に応えながら樹脂加工技術の研鑽を重ねてまいりました。現在では、マイクロメートル単位での精密さが要求される、液晶パネルや半導体の製造装置、医療用分析機器の樹脂部品の切削加工においても、顧客よりご支持をいただいております。

当社の持ち味は、金属部品の切削加工業が多く存在するなかで、加工が難しいとされる樹脂に特化していること。さらに、3次元CAD/CAMや4軸マシニングセンターなどの生産体制を整えることにより、複雑な形状の加工にも対応可能であることです。最近では、さらに難度の高いガラス繊維や炭素繊維で補強された樹脂加工においても、市場開拓を進めております。
私たちがいつも心掛けているのは、顧客の本来のご要望がどこにあるかを把握し、工夫をこらして製品化する。しかも、迅速にご提供すること。
そして、いくら高度な機械化が進んでも、最終的には手作業で微調整を施しさらに完成度を高める取り組みは、創業当時より徹底して追及してきたことです。

さまざまな製造機器や検査機械などに使われる部品は、まだまだ樹脂化が進んでいません。今後、樹脂ならではの「錆びない・軽い」といった強みへの需要は無限大であり、市場の要望に応えていくことが私たちの使命であると考えます。
同時に、ものづくり企業の命題である環境保護については、不良品率を限りなくゼロに近づけることが何よりの貢献と肝に銘じ、「社内不良ゼロ」を追求しています。

時代は移り変わり、企業として果たすべき責任が大きくなっても、私たちの思いは変わりません。「顧客・社員・会社」を大切に、誠意と努力工夫を重ねながら歩んでいく所存です。

代表取締役社長 中嶋 孝典

閉じる

お問い合わせ・見積りのご依頼

  • TEL06-6714-2939
  • FAX06-6714-0629
営業時間
[ 平日 ] 9:00~17:00